ホーム > まつげコラム > カラー剤によるグルーへの影響

まつげコラム

| まつげコラムTOP |

カラー剤によるグルーへの影響

カテゴリー:日本製グルー

現在まつげエクステサロンさんは、1・まつげエクステを専門にするサロンさん、2・美容院を併設するサロンさん、3・ネイルサロンを併設するサロンさんなど様々な形態があります。各サロンさんはそれぞれの特徴を活かした営業をされていると思います。
 
グルー
 


そのなかで美容院を併設するサロンさんからご質問をいただきました。「美容院での使用になるため、カラー剤に含まれるアミンにグルーが反応することはあるのでしょうか」という内容です。
 
答えは「反応します」。アミンは接着剤のプライマーとしても使用されるものになります。接着剤の硬化を早める働きを持っていることになります。カラー剤にこのアミンが含まれていることをご質問をいただくまで知らなかったのですが、大変勉強になりました。
 
ではなぜこのアミンが接着剤の硬化を早めるのでしょうか。
アミンは塩基性になります。この塩基性はアルカリ性とほとんど同じになります。アルカリ性はグルーの硬化を促進させるので、この塩基性であるアミン、カラー剤はグルーの硬化を促進させることになります。
 
ただアミンをまつげエクステの前処理剤として使用することは大変危険です。非常に刺激の強い物質になり、目の周りに使うものとしては安全であるといえるものではありません。
 

 
そして保管時には注意が必要です。弊社の日本製グルーすべてのSDS(製品データ安全シート)にも塩基性物質との混在は避けるように明記しております。混在することによりグルーが硬化する=劣化する原因になり、グルーに粘度が出てきてしまい使用期間が短くなります。
 
保管の際にはしっかりと隔離した状態にすることをオススメします。また重曹なども塩基性の物質になりますので混在は避けてください。
 
ワゴンセッティング
 
【関連記事】グルーの保管場所はどうしていますか?

投稿日: カテゴリー 日本製グルー

ビューティープロダクツへの製品・サービスのご要望はこちら

| まつげコラムTOP |

ご相談はTEL.0570-089-152

  • 廣瀬涼子のブログ
  • 廣瀬涼子 Twitter
  • まつげコラム
  • Facebook
  • Twitter
このページの一番上へ