ホーム > まつげコラム > 0.06mmのまつげエクステを効果的に使用する講座

まつげコラム

| まつげコラムTOP |

0.06mmのまつげエクステを効果的に使用する講座

カテゴリー:【知識】

4/13(月)と4/21(火)に行われた魅せる新提案、0.06mmの2Dテクニックは昨年からセミナーの構想が始まり、内容を練り直し練り直しながらの紆余曲折を経てようやっと完成したビューティープロダクツセミナーの新講座でした。

0.06mmセミナー

2016年現在はボリュームラッシュセミナーとして新しくブラッシュアップしております。ボリュームラッシュについて特集ページをご用意しておりますのでご参照ください。

第3回の日程はまだ決まっておりませんが、1回目、2回目の内容を見直して、更に練り直しよりわかりやすくすぐに実践に使えるようなセミナーにしていきますのでもうしばらくお待ちください。

今回の0.06mmのテーマは、「どうまつげに負担をかけずにまつげエクステをお客様に楽しんでもらうか」ということに的を絞った、小川さんの長年にわたって構築された理論を教えてもらうセミナーになります。

欧米人に比べるとどうしてもまつげが細く少なくなりがちな日本人に合わせて、こうすればもっとボリュームを出していける、こうすれば付けるまつげを気にせずエクステを楽しんでもらえるというテーマに0.06mmというアイテムはまさにぴったりの無くてはならないものになります。

0.12と0.06の対比

まず0.06mmのメリットはその軽さにあります。0.12mmの太さと比べると1/4の重さになります。0.12mmの太さを普段つけるお客様には0.06mmを3本までにするのだそうです。グルーの分の重さが加わるので2本ないしは3本にすると負担をかけません。

しかも0.12mmを1本装着するよりも0.06mmを3本を仮にfan(束付け)で装着するとその方が濃く見えますし、接着面もより多く取れるので持続性という点においても0.06mmを使用するメリットにもなります。

セミナー風景

ここからセミナーでは更に1歩進んだ小川さんならではの魅せる新提案の話に映っていきます。1.間隔があく2.成長期3.癖が強いというまつげに対してのアプローチを身振り手振りを交えながらわかりやすくご説明しています。

セミナー風景

特に癖が強いまつげに関してはセミナー参加の皆様からもへ~という感嘆の声がもれていました。それ以外にも目からうろこの情報が詰まったセミナーになりますので次回開催時にはご参加お待ちしております。

開催の告知はメルマガ等で行っております。メルマガ登録がお済ではない方はこの機会にいかがでしょうか。

投稿日: カテゴリー 【知識】

ビューティープロダクツへの製品・サービスのご要望はこちら

| まつげコラムTOP |

ご相談はTEL.0570-089-152

  • 廣瀬涼子のブログ
  • 廣瀬涼子 Twitter
  • まつげコラム
  • Facebook
  • Twitter
このページの一番上へ