ホーム > まつげコラム > アレルギー反応のあるお客様の施術をすべきか否か

まつげコラム

| まつげコラムTOP |

アレルギー反応のあるお客様の施術をすべきか否か

カテゴリー:【知識】

度々いただくご質問の一つにアレルギーに関することがあります。「他店でアレルギー反応が出たお客様が来店したのですが、施術をしても大丈夫でしょうか?」弊社の回答としては、おすすめできません。

1507093

アレルギー反応が出やすくなってしまっている

アレルギー反応とは、多くの人にとって無害な物質でも、人によっては身体が過剰に反応してしまうことです。グルーの揮発成分であるホルムアルデヒドを例にしてみました。

まずホルムアルデヒドを吸い込んだ際に、身体は有害な物質と認識して守るための抗体を作ります。再度同じ抗体を身体が認識した際に、その抗体を排除しようと、今度は腫れや炎症を引き起こす物質を放出し、身体に反応を引き起こします。これがアレルギー反応です。

花粉症が発症するのに個人差があるように、グルーによるアレルギー反応にも個人差があります。また、花粉症が一度発症すると毎年恒例になってしまうように、ホルムアルデヒドによるアレルギー反応が出てしまった方は、身体が覚えている限り反応が出てしまいます。

1507091

アレルギーでも平気なグルーはありますか?でも取り上げましたが、一度アレルギー反応が出ると身体が反応しやすい状態になってしまいます。なので、施術をお断りするということも一つの選択肢として持つことは勇気がいることですが、重要なことでもあると思います。

専門医ではないので、正確な判断はできませんが、施術をしたことによるリスクを考えると安易な判断は避けた方がお客様のためでもあり、自分自身のためでもあると思います。

1507092

サロンに対する印象が悪くなる

仮に他店でアレルギー反応が出たお客様を施術したとします。事前にリスクを十分に説明したとしても、再びアレルギー反応が出てしまった際に、人の心情としてどこかに原因を探そうとするのではないでしょうか。

そうなった時にお客様が考える一番簡単な答えは、あそこのサロンが悪いという答えではないでしょうか。他店でアレルギー反応が出てしまったとしても、直近のサロンのせいにする方もいると思います。

普段の何気ない会話の中で、たとえお客様に悪気はなかったとしても、まつエクの話になった時に、あそこのサロンに行ったらアレルギーになったなんて言葉が出てくる可能性もあると思います。

話が飛躍しすぎてしまっているかもしれませんが、先日の国民生活センターでもアレルギーに対しては、危害という形で報告をしているので、考え過ぎと思うくらいの方がよいのではないかと思います。

1507094

アレルギー反応が出やすくなっていること、サロンに対する印象が悪くなるということの2点から施術をすることはお勧めしません。断ることがお客様の為にも良いかもしれませんし、自分自身を守ることにもつながるかもしれません。安易な判断はせずに明確な答えを持っての施術を心がけましょう。

投稿日: カテゴリー 【知識】

ビューティープロダクツへの製品・サービスのご要望はこちら

| まつげコラムTOP |

ご相談はTEL.0570-089-152

  • 廣瀬涼子のブログ
  • 廣瀬涼子 Twitter
  • まつげコラム
  • Facebook
  • Twitter
このページの一番上へ