ホーム > まつげコラム > ちょっとしたひと手間のディスプレイ変更で、お客様の反応が変わった

まつげコラム

| まつげコラムTOP |

ちょっとしたひと手間のディスプレイ変更で、お客様の反応が変わった

カテゴリー:【知識】

流山市にある個人サロンMokaLucaさん。前回は、個人サロンならではのメリットについて、お話をしていただきました。今回は、「まつげサロンのケア製品の役目を学び適切にすすめられる・店販セミナー」参加後、店販プロジェクトを取り入れてみてのその後の効果についてお話をうかがいました。

_15111061

店販プロジェクト導入で無償提供となるものを一緒にご紹介しながら、横内さんの活用方法を学びたいと思います。

ディスプレィ台什器

商品をただ並べても訴求力が足りません。サロンさんですぐに販売につなげるには、まずディスプレィ台が必要だと製作に取り掛かりましたが、横内さんにサロンで求められるデザインやサイズ感についてアドバイスをいただきながら、ようやく完成した商品になります。

 

まず最初の試作です。

15111013

横内さんから

・サロンのスペースを考えると、サンプルを置く分だけで良いのでコンパクトにした方が良いのでは?

・美容液を立てるとせっかくの両端の美容液が見えにくいのでは?

など、アドバイスをいただき、できた試作品がこちら。

15111015

すっきりと見やすくなりました。この廣瀬の自作の切り貼りから、製紙会社へ発注したのが下のものです。

 

15111016

横内さんは完成品をさらに工夫し、

「クマのぬいぐるみや、お伝えしたいコメントをディスプレイの雰囲気を崩さないようなPOP等を加えることで、より親しみやすくお客様が気軽に手にとって見ていただけるような工夫をしています。」

とのこと。とても可愛らしく、手に取りやすくなりますね。

ディスプレイ台ができてからは、今までより手にとってくれるお客様が大きく増え、陳列もしやすくなったとのことです。お客様目線でのアドバイスを取り入れることができ、満足のいくモノができました。ありがとうございます。

 

店内資料

店販プロジェクトでは、お客様に説明をしたり、ちょっとした空き時間を活用するために資料を用意しています。サイズはA4で厚紙印刷ですのでヨレにくくなっています。さらに、ラミネート加工していただくことをおすすめします。

横内さんの場合は、めくるよりも1枚にした方がお客様の目に留まりやすいと考え、壁に貼るようにしたそうです。自分なりの言葉を添えることで、注意を引くようにしています。

店内資料
待合室の資料

15111011
トイレ内の資料

 

また今回の訪問のために廣瀬が資料を持参してきました。さらに商品が目立つようなPOP資料です。

ディスプレイ台

POP

これらも、横内さんにまたアドバイスを加え改善したものを、無料ダウンロードできるようご用意しました。是非お使いください。

 

素材画像

なかなか商品画像を撮るのが難しいサロンも多いのではないでしょうか?HPやブログで使える素材画像11点も無償でのご提供の一つです。

横内さんは、自店のパンフレットに、クレンジングの素材画像を使用してくれています。

15111014

15111013

その他にも、製品を使用する人物画像や

手順3-2

アイミングホームケアを使用前後のまつげの写真なども無償提供に含まれています。

matsuge4

 

その他ご自身で工夫していることは

キレイに保つためにはケアが必要だということを伝え、製品の良さをわかりやすく説明するようにしているそうです。クレンジングなどその効果を知っていただくには、お客様に見て触って体験していただくこと。お客様に試してもらいながら、時には自身でクレンジングの実践をして見せるのも、お客様との密な関係ができているからこそだと思います。

 

15111012

「個人サロンだから、技術の習得などにも限界があるのではなく、時間の融通が利く分、技術の習得をどんどん志していくことができる。だからこそ向上心を持って取り組むことができる。片手間ではない、本気で取り組む姿勢が、これからの個人サロンの強みになるのではないかと思っています。」と個人サロンのイメージを変えていきたいと熱い思いをお話ししてもらいました。

2児の母である横内さんですが、ロンドンへ行き、ボリュームラッシュの講習に参加してくるそうです。お客様からも背中を押してもらい、お客様と共に成長していくサロン作りを実践しています。

 

代表の廣瀬です。

横内さんは的確なアドバイスをくださるので、いつも頼りっぱなしです。なるほど!という気づきがあるんです。それはサロンでも発揮されているようで、お客様の希望がどんなものかズバリと捉えているのだろうと感じました。

高い技術力と意識。これが自宅サロンを成功する秘訣なんでしょうね。ありがとうございました!

 

投稿日: カテゴリー 【知識】

ビューティープロダクツへの製品・サービスのご要望はこちら

| まつげコラムTOP |

ご相談はTEL.0570-089-152

  • 廣瀬涼子のブログ
  • 廣瀬涼子 Twitter
  • まつげコラム
  • Facebook
  • Twitter
このページの一番上へ