ホーム > まつげコラム > 大手モールのまつげサロンの在り方を学ぶ、差別化を図るために

まつげコラム

| まつげコラムTOP |

大手モールのまつげサロンの在り方を学ぶ、差別化を図るために

カテゴリー:【知識】

TRU Eyelash佐賀店正面

栃木のシークパナッシュ様に続いて、今回は佐賀の大手モール「ゆめタウン」にあるTRU Eyelash佐賀店様に弊社代表の廣瀬がサロン探訪としてお邪魔させて頂きました。

TRU eyelash(トゥルーアイラッシュ)様とは

現在、ネイルとアイラッシュのサービスを中心に、渋谷・原宿・六本木・福岡・佐賀・沖縄・ベトナムと合計15店舗(運営:株式会社ファイブスター)を展開されています。全て直営で、70名程のスタッフを抱える大所帯です。
ビューティープロダクツを利用するお客様はどちらかというと個人オーナーが多く、多店舗展開をされているサロン様は多くありません。理由は、弊社商品の場合、コンセプトに共感されて商材を購入していくという傾向がありますので、運営オーナーにはその辺りはなかなか響きにくいのかな、と考えています。その中で、TRU eyelash様は各店舗から店舗の責任者の判断でご注文をいただく、という珍しい形態が今回お邪魔させていただくきっかけではありましたが、なかなか普段聞くとことができないモールでのサロン運営についても伺うことができました。

県下一のモール、ゆめタウン佐賀とは

ゆめタウン佐賀正面
TRU eyelash佐賀店様は、佐賀バイパスに面した大手モール「ゆめタウン」の1Fに店舗を構えています。

このゆめタウンは、食料品から洋服、家電を扱う180店舗のテナントが集まり、何でも揃う場所と県下一のモールとして多くの来場者があります。

佐賀店に訪れた理由

TRU Eyelash佐賀店 覆面調査表彰状

今回廣瀬が、東京の店舗ではなく、佐賀店を選んだのは理由があります。

上記で述べたように「各店舗の責任者が決済の判断をする」という他店舗展開のサロンとしては珍しい形態に加え、この佐賀店様は、年に一度モールによる覆面調査で「特別表彰店舗」として接客サービス部門で表彰されたことにあります。
TRU eyelash様のような店舗毎の決済は「管理を仕切れないから自由にさせる」場合もままあり、その場合比例して店舗の接客サービスは低いことが見受けられます。また、運営者が常駐できない広範囲での運営で、サービスを一定以上に保つことの難しさは誰でも容易に想像できるのではないでしょうか。TRU eyelash佐賀店様は、それを成し遂げ、第三者からの評価できちんと証明出来ているというのは非常素晴らしいと感じたそうです。

今回の取材で、井上七恵取締役にもお立会いいただきましたので、他店舗での運営の秘訣を伺うことができました。

決して否定せず自由に、同時に数字を認識してもらう

株式会社ファイブスター井上七恵さん

左から2番目が井上取締役。右隣りは店長の曲渕さん

「毎日店舗に一緒に居れるわけではないので、店舗のスタッフを信じて任せるしか出来ません。というよりも、私より遥かにその地域の特色を知っているスタッフがやりたい事を尊重しなければ上手くいきません。

TRU Eyelashホスピタリティその店舗で今お客様から求められているエクステの種類、ホームケアなどは、現場でしか分かりません。機会を逃すくらいなら、それをすぐに実行して欲しい。佐賀のスタッフがやっていることを東京でやっても通じないし、東京も然りです。その土地に柔軟に対応しないと上手くいきません。キャンペーンもFacebookを通じて知ることもあるんですよ(笑)。でもその代わり、数字に関しての追求は厳しいです。」と。
まだまだ詳しくお話を伺いたいところです。

大手モールへ出店するメリット・デメリット

ゆめタウン ゆめカード

なぜモールに出店したのか井上取締役にお聞きしたところ、全国で唯一佐賀だけホットペッパーがないので、県下一人が集まるモールの出店が最大の集客へ繋がると考えたとのこと。実際にゆめタウンに出店して、モール側の集客方法に広告以上の効果を感じたそうです。その一つがゆめカードで、180店舗で利用可能で100円で1ポイントが貯まりますので、生活用品を全てでこのゆめタウンで済ませる方はすぐに貯まります。なので自然に毎日来るようになるそうです。廣瀬もゆめタウン内の店舗を利用した際「ゆめカードありますか?」と必ず聞かれたそうです。他にもモールで働く女性従業員の方もお客様となり、さらにそこからの集客も広がっているそうです。
反対に、出店までの審査が厳しいことや、モール側の営業日に合わせなければいけないなどデメリットもあります。

大手モールで気をつけていること

TRU NAIL佐賀

2階フロアーのTRU NAIL様

井上取締役「モールでは通路を行き交う方が多く、その方々がお客様になることが十分にあるので、目を引くようなキャッチーさとケア商品の充実に気を配っています。この上の階にネイルサロンTRU NAILがあるのですが、通路に面した場所にポスターを貼って訴求力を上げています。
またホームケア商品は、一度製品を気に入ったお客様は、他の用事ついでにぱっと購入してくださります。毎日足を運ぶ場所の出店のメリットの一つです。なので、佐賀は特にケア商品を幅広く扱い、切らさないうにしています。選択は出来ても、選択出来ないことは作らない。」

昨年、弊社の店販商品ダブルアイラッシュエッセンスを「今までに無いタイプだし、面白い!」とすぐに導入にしてくださった経緯があるので、ケア商品の充実に力を入れているだろうなと感じていました。

TRU Eyelashディスプレィ

店長の曲渕さん「今入社して3年ですが、本当に自由にやらせてもらっています。お店作りで心掛けていることは、入りやすい・雰囲気の良いお店です。良い雰囲気どうかはすぐにわかります。やはりモールだと外の通路から全て見えてしまいますので。」

なぜビューティープロダクツの製品を選ぶのか

デザイン

店長の曲渕さんは、自由に決済をさせてもらう代わりに売上の数字を出さなければいけません。どうしてビューティープロダクツ製品をあえて選ばれるのでしょうか。

「路面ですので幅広い客層が利用されていきます。それに対応できるよう、エクステの種類やグルーをメーカーで分けて大体三段階の差をつけています。カウンセリングの時に、このエクステはこんなメリットがあるんですよ、一方こちらはそれとは違う良い点がありますよ、とお客様が自分に最適なものを選択できるように用意しているんです。
ビュプロさんのエクステは、毛が柔らかくて軽いので、すごくつけ心地がいいんです。なので自然と持続性がいい。そのあたりをサンプルで触ってもらいながら説明しています。グルーも低刺激を重視される方におすすめさせてもらっています。」

井上取締役が、ケア製品でおっしゃっていたことと同じですね。また、商材の段階を設け、違いなどを丁寧に説明することで、自然と九州の中では平均客単価が高くなっていったそうです。

アイラッシュサロンで路面店というのは珍しいですが、瞬間的に人に興味をもってもらうという点、勉強になりますね。TRU様ありがとうございました。

TRU Eyelashロゴ
TRU eyelash ゆめタウン佐賀店
住所:〒849-0919 佐賀県佐賀市兵庫北5-14-1ゆめタウン佐賀 1F
TEL:095-233-7008 営業時間:10:00~22:00

代表の廣瀬です。

白い清潔なサロンさんでした。
スタッフの皆さんも、柔らかくて、あたたかい人柄がすぐに感じられました。私がカバンを持っているとすぐに声をかけてくれて「どうぞこの上に置いてください」と、覆面調査のコメント通り、「気付きが早い」とはまさに!という感じでした。

またサロンの要である井上さん。「一度もスタッフに怒ったことはない。怒っても『怒っている人がいるからその対処しなきゃ』としか人は感じない」という冷静さを持つ一方、株式会社ファイブスターを辞めたくないけど、どうしても家庭の事情で・・・と悩むスタッフのために沖縄店をオープンさせる情熱的な部分を持つ、とても素敵な女性だなと改めて思いました。

井上取締役、TRUeyelash佐賀店の皆様、お忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございました。

 

投稿日: カテゴリー 【知識】

ビューティープロダクツへの製品・サービスのご要望はこちら

| まつげコラムTOP |

ご相談はTEL.0570-089-152

  • 廣瀬涼子のブログ
  • 廣瀬涼子 Twitter
  • まつげコラム
  • Facebook
  • Twitter
このページの一番上へ