ホーム > まつげコラム > ボリュームラッシュ0.05mmを使うメリットとは?0.07mmとの違いは?

まつげコラム

| まつげコラムTOP |

ボリュームラッシュ0.05mmを使うメリットとは?0.07mmとの違いは?

カテゴリー:ボリュームラッシュ

Dlux(ディラックス)の0.05mmのボリュームラッシュが入荷しました。5/23(月)14時からの販売開始しております。これによってボリュームラッシュの0.05mm0.06mm0.07mmのラインナップが勢ぞろいしました。

ボリュームラッシュ

0.05mmの原糸は、超極細ということもあり、原糸を作れる工場が限られてくるそうです。なので0.05mmという細さのエクステは世界的にも供給不足の状態になっています。

原糸のサンプルを取り寄せた際に、原糸によって明らかに品質が違いを感じました。比較的流通しており手に入りやすいが、品質的にどうかなと思う原糸と供給が安定しないが納得のいく原糸。弊社が選んだ0.05mmの原糸は、供給の安定しない納得の原糸だったため入荷までに時間がかかり、ようやくの販売開始となりました。

3つのエクステの太さの違いは、わずか0.01mm。ですが、されど0.01mm。左から0.05mm、0.07mmのエクステを並べてみました。0.02mmの違いではありますが、太さがこれだけ変わってくることになります。

0.05mmと0.07mm

0.05mmを使うメリットとはどこにあるのでしょうか?

使用する太さによって、まつげに装着できるfanの本数が変わってきます。当然0.07mmよりも0.05mmの方が付けられる本数が増えます。例えば0.07mmを2本付けられる人は、0.05mmであれば3本付けられるというようになります。

したがって、ボリューム感のある、よりふわっとした感じ、印象になるのが0.05mmということになるのではないでしょうか。

ボリュームラッシュ

ただし、細くなればなるほどfan作りは難しくなります。極細のためうまくfanが作れないということも考えられます。導入したばかりというサロンさんや導入を考えられているサロンさんは、まずは0.07mmから始めるのがよろしいかと思います。

ロシアンボリュームテクニックの本場ヨーロッパでは、0.07mmと0.05mmがよく使われるとのことです。今回のラインナップによって、お客様に合わせた太さの選択が可能になりました。

ボリュームラッシュ

サンプル提供

今回の0.05mm0.07mmの時と同様、サンプルのご提供をしております。どれくらいの細さなのか、fanは作りやすいのか、柔らかさは、色は、などなど実際お手にとっていただけたらと思います。

Jカール・Cカール・Dカールの長さ11mmをそれぞれ5mm幅くらいでお出ししております。通常のご注文と同様にカートに入れていただき注文を確定していただきます。決済時に送料が計上されてしまいますが、送料は無料です。決済完了後に弊社で訂正させていただきます。

メール便での配送になりますので、メール便の配送方法、銀行振込での決済方法をご選択いただき注文を確定させてください。
特集記事:ボリュームラッシュで高密度エクステへ

投稿日: カテゴリー ボリュームラッシュ

関連記事

ビューティープロダクツへの製品・サービスのご要望はこちら

| まつげコラムTOP |

ご相談はTEL.0570-089-152

  • 廣瀬涼子のブログ
  • 廣瀬涼子 Twitter
  • まつげコラム
  • Facebook
  • Twitter
このページの一番上へ