ホーム > まつげコラム > グルーの硬化に欠かせないものとは?Pure+Kの高い浸透性は、グルーの硬化を助けます

まつげコラム

| まつげコラムTOP |

グルーの硬化に欠かせないものとは?Pure+Kの高い浸透性は、グルーの硬化を助けます

カテゴリー:プレ処理剤Pure+K

グルーの硬化に欠かせないものとは何でしょうか?グルーの硬化には水分が必要です。水分によって硬化するきっかけとなりますので、水分量によって硬化の速度が変わってきます。

ピュアケイ

空気中から水分を得ることはご存知のことだと思いますが、まつげからも水分を得て硬化しています。まつげにも水分があることによってグルーの吸着をよくして、装着を手助けしてくれています。

まつげに水分を与える働きをするのが前処理剤の役割になります。まつげをきれいにするだけでなく、同時にエクステを装着しやすい状況にしてくれるのが弊社の前処理剤Pure+Kです。

Pure+K

Pure+Kは、浸透性が高いことによってまつげに水分を与えます。浸透性の一つの目安が表面張力の数値になります。水が72mN/mに対しPure+Kは56mN/m、オイルなどは20mN/mから30mN/mなどと弱くなっています。

下記画像は左:Pure+Kと右:水の浸透性の比較になります。表面張力が弱くなる分肌へと浸透していく様子が良くわかると思います。まつげ上でも同様に浸透してまつげを保湿する役割を果たします。

ピュアケイ浸透性

まつげエクステにオイル製品を使わないほうがよいというのは、浸透性が高いのですが引き剥がす力もあるためです。まつげとエクステの間に浸透してしまいグルーを剥離させやすくするということが理由になります。

Pure+Kはまつげに浸透しやすいのですが、オイルなどのように剥離させることはなく保湿してくれるので、グルーが硬化しやすい環境を作ってくれるのです。前処理後は完全に乾かすよりは、少し水分が残っている状態のほうが施術に適しています。

プレ処理剤

レビューのコメントで、「ピタッと吸い付く感じ」や「吸着が良くなる」というのは浸透性の高い点から得られる効果となります。それ以外にpH12というアルカリ性の性質によるところの効果でもあります。この点は改めてご紹介させていただきます。

エタノールだとどうでしょうか。エタノールは汚れを落とす力には長けています。が、揮発して蒸発しやすいので、まつげの表面から水分を奪ってしまい乾燥した状態を作ってしまいますのでお勧めできません。

ワゴンセッティング

高い浸透性がプレ処理剤に必要な項目の一つであるというのは、グルーの吸着をサポートしてくれるからになります。弊社が考える前処理剤に必要な4項目・浸透力・促進力・安全性・洗浄力を満たすPure+Kをお試しください。

投稿日: カテゴリー プレ処理剤Pure+K

関連記事

ビューティープロダクツへの製品・サービスのご要望はこちら

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

| まつげコラムTOP |

ご相談はTEL.0570-089-152

  • 廣瀬涼子のブログ
  • 廣瀬涼子 Twitter
  • まつげコラム
  • Facebook
  • Twitter
このページの一番上へ