ホーム > まつげコラム > ボリュームラッシュのプレ処理、高密度でもしっかり汚れを落とす洗浄力

まつげコラム

| まつげコラムTOP |

ボリュームラッシュのプレ処理、高密度でもしっかり汚れを落とす洗浄力

カテゴリー:プレ処理剤Pure+K

1本のまつげに対して複数本のエクステを装着することで、ボリュームを出すことができるロシアンボリュームテクニック。まつげの密度が濃くなることで、今までのプレケアでは、しっかりと汚れを落としきれないこともあるかと思います。

アイミング

密集したまつげの前処理は、どうしたら良いの?と悩まれている方もいらっしゃるかと思います。エクステとエクステが密集しているので、まつげとまつげの間であったり、根元であったり、通常のプレ処理だとなかなか届きづらい箇所がどうしても出てきてしいます。

洗浄がしっかり行き届かないと皮脂や汚れなどが残ってしまい、持続性を落とす結果になってしまいます。また、皮脂や汚れをしっかり落としきらないと、まつげダニの繁殖を促すことにもなりかねません。

ボリュームラッシュのような高密度のエクステでも、しっかり洗浄できるアイミングテクニックを株式会社インフィニートの安納弥生さんの技術協力で、撮影していただきました。

こちらの動画を御覧ください。

クレンジング

ご用意いただくもの

モイストクレンジングウォーター
アイミング
アイミングカップ
スタンド
・コットン

クレンジングをアイミングカップいっぱいに注ぎます。まつげの下に敷くコットンにもクレンジングを含ませます。こうすることで汚れがよく落ちるようになります。コットンは、目元に入れすぎにはご注意ですが、しっかり目元に挟み込むようにします。

クレンジング

アイミングにクレンジングをたっぷり染み込ませ、先端部分でまつげの生え際付近を洗浄します。マイクロファイバーがエクステに引っかかることはないので、小刻みに動かして、しっかり洗浄します。

次にアイミングの広い面を使って、まつげの目元を洗浄します。下のコットンにしっかりと押し当てるようにしていただくと効果的です。この時、目の中にクレンジングが入らないように、コットンの位置にはご注意ください。

アイミング

プレ処理

Pure+K

クレンジング時と同様に、コットンにピュアケイを含ませます。アイミングにたっぷりとピュアケイを含ませ、クレンジングを洗い流すように洗浄していきます。たっぷり染み込ませたアイミングで、まつげ全体を洗浄していきます。

ピュアケイ

ボリュームラッシュだけではなく、1to1の際のプレケア時でもご利用いただけます。ディープクレンジングとして取り入れていただければ、洗浄力も上がり、持続性のアップにもつながります。

関連記事:プレ処理前のクレンジングで洗浄力アップ/いろいろな使用用途があるアイミング
特集記事:ボリュームラッシュで高密度エクステへ

投稿日: カテゴリー プレ処理剤Pure+K

ビューティープロダクツへの製品・サービスのご要望はこちら

| まつげコラムTOP |

ご相談はTEL.0570-089-152

  • 廣瀬涼子のブログ
  • 廣瀬涼子 Twitter
  • まつげコラム
  • Facebook
  • Twitter
このページの一番上へ